« なぜ、特殊電子回路㈱にしたのか | トップページ | SH2用JTAG ICE Version1.1リリース »

2006.06.27

XILINX FPGAの購入方法

Mobile JTAG Cableの在庫が急減してしまったので、その構成部品であるFPGAを仕入れようと、いつもの代理店に問い合わせたところ、1.5ヶ月待ちとの回答が返ってきました。

それでは時間がかかりすぎるので、他の手を考えることにしました。
まず、XILINXのFPGAなどを購入するルートとして、XILINXのOnline storeがあります。
(Xilinx.comのトップページにはあるのに、xilinx.co.jpのトップページにはリンクがない)
これはお勧めだったのですが、在庫があるのにリードタイム4週間とか書いているので、ちょっとためらいます。

正規代理店とOnline Store以外の方法としては、Digikeyがありました。
最近ではDigikeyでもXILINXのほぼ全種類のFPGAやらCPLDがラインナップされているので、かなりお勧めの購入方法でした。
しかし、今回目的のFPGAが残量9とのことでしたので、今回に限り断念しました。

途方にくれていると、数日前にパル○ックさんから電話があったのを思い出しました。
その電話は、「今までALTERAのデバイスを売っていたけど、これからはXILINXを売っていくからよろしくね」という趣旨で、今までに取引があったとろこに電話をかけているという感じでした。
それを思い出して、ためしにパルさんに見積もりを依頼してみると、なんと、目的のFPGA数十個が、在庫があるとのことです。案の定二次代理店に回されましたが、売ってくれるとのことです。ラッキー。

FPGAデバイスを買うならオンラインストアもいいけど、やっぱり代理店ですね。
会話して状況などが聞けますので。

そういえば、Digikeyでは、先週の金曜日にはそのFPGAの在庫は9個あったのに、ためしに今日見てみると残量が0になっているじゃないですか。
2週間くらい前に、DigikeyでXCFxxPというコンフィグも購入したのですが、それも今日みると残量0でした。

Digikeyの残量0というのは、「ちゃんと流れている商品だけど本日はあいにく0」ということなのですね。きっと。
それに比べて、RSコンポーネンツの残量0は永遠に・・


|

« なぜ、特殊電子回路㈱にしたのか | トップページ | SH2用JTAG ICE Version1.1リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ、特殊電子回路㈱にしたのか | トップページ | SH2用JTAG ICE Version1.1リリース »