« 新USB2.0-JTAGケーブル PocketJTAG | トップページ | PCI Expressのセミナーに行ってきました »

2006.07.26

Interface9月号にSH2JTAGデバッガが掲載されました

If9今月発売のInterface誌9月号に、SH2用JTAGデバッガが掲載されました。

掲載されたSH2デバッガは、現在、ダウンロード可能になっているバージョンよりも新しいVersion1.2となっています。

V1.1からV1.2で更新された箇所は、以下のとおりです。
・ 「ヘルプ」メニューからサポートURLを開くことができるようになった。
・ トラ技の5月号にあるRS232C-JTAG変換アダプタを通じてでも、JTAGデバッグできるようになった。
(DWMのARM基板か、トラ技のR8C基板をRS232C-JTAG変換アダプタが必要)
・ キーコード未設定だと内蔵ROMが消去されてしまうが、消去するたびにメッセージを出すようにした。
・ ライセンスに「量産適用不可、日本国外持ち出し不可」を追加。

どうぞ雑誌付録の最新バージョンをご利用ください。

|

« 新USB2.0-JTAGケーブル PocketJTAG | トップページ | PCI Expressのセミナーに行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新USB2.0-JTAGケーブル PocketJTAG | トップページ | PCI Expressのセミナーに行ってきました »