« SH2のJTAGデバッグをEclipseと連携させてみた | トップページ | リアルタイム音声認識 »

2006.07.05

明るい蛍光灯

今年の5月に、事務所の蛍光灯を取り替えました。
入居したときからあった蛍光灯がどうも暗いので、新しい蛍光灯に取り替えたのです。

アスクルで蛍光灯を探してみると、20W型の蛍光灯が25本でなんと4700円!
なんと、1本あたり190円くらいと激安だったので、これはお買い得だと思い、買いました。
「昼光色 FL20SSD/18ーB 」
昼光色というのは、いちばん色温度が高くて、青っぽい光のはずです。

期待していたのですが、新しく来た蛍光灯に取り替えると、なんだか前より暗い感じが・・
しかもなんだか妙に緑っぽい気持ちの悪い色です。

そんな感じで1ヶ月ほど使ってはいたのですが、暗さに耐え兼ねて、
よくよく調べてみることにしました。
どうやら、25本で4700円の蛍光灯は一般形の蛍光灯でした。

蛍光灯には、1波長形(一般形)と3波長形というのがあるそうです。
3波長形というのは、RGBの3つの光を出すような蛍光物質が塗られている蛍光灯で、1波長形にくらべると、明るく演色性に優れているそうです。
家庭用の量販店で何気なく選ぶと、ほとんど3波長形ではないでしょうか。

しかし、アスクルは業務用。
何があるかわかりません。
うっかり安さにつられて一般形を選んでしまったようです。

今回発注したのは、
「昼白色 FL20SSEXN18Z 」
25本で10290円。前の1波長形に比べると2倍以上の値段ですが、明るさが全然違います。

これで作業効率UP間違いなし。
蛍光灯が暗いなと思うかたは、ぜひ調べてみて下さい。

|

« SH2のJTAGデバッグをEclipseと連携させてみた | トップページ | リアルタイム音声認識 »

コメント

1波長形(一般形)と3波長形なんてあるんですね。
私は、買いに行くたびにお店の人に「勉強部屋で使いますか?」「リビングで使いますか?」などと聞かれています。
スーパーでお惣菜が美味しそうに見えて、買って帰るとそうでもないのは、そんな違いなのでしょうか。
以前、父がプリント基板の焼付け器を作っていた時、紫外線の蛍光灯を付けましたがうまく焼けませんでした。
随分経ってから、紫外線の蛍光灯に補虫灯と殺菌灯の2種類あるのを知りました。

投稿: RLC | 2006.07.06 17:39

記事と関係ない話で恐縮です。

3/20の記事以降、RSSが更新されていないようですが、RSSは止めちゃったのですか?

投稿: xo | 2006.07.07 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SH2のJTAGデバッグをEclipseと連携させてみた | トップページ | リアルタイム音声認識 »