« PCI ExpressのIPコアがWindowsXPで認識された | トップページ | 玄箱ProのPCI Express(続き) »

2007.03.18

玄箱ProとPCI Express

玄箱Proには、PCI Expresのコネクタがあります。

ここに、作ったばかりの特電IPコアを乗せたPCI Expressボードをさしてみたくなりました。

玄箱Proを早速、分解。
JTAGコネクタにはシルクでTDIやらTCKと、親切に書かれています。ARM互換のピン配置ですね。これは今度試してみることにしましょう。

シリアルのコンソールのコネクタにも、TXDやらRXDなどシルクが印字されています。親切です。

PCI Expressは、どうやら、PCI Expressのカードをさそうとすると基板と筐体がぶつかってしまいます。筐体のプラスチックを完全に外して、金属のフレームの状態にしないとだめなようですね。

で、XILINXのSpartan3 PCI Expressスタータキットを装着。

Kuropropcie

特電IPコアを書き込んで起動。
ハードディスクがなくても起動するようになったのは、ノーマル玄箱との大きな違いです。

PCI ExpressスタータキットのLEDの動きをみていると、IPコアはちゃんと認識されたっぽいのですが、ブート時にコンソールに表示される文字列を見ても、何もないときとあまり変化がないようです。

いや、よく見ると起動時のメッセージで、
--------------------------
Detected Tclk 166664740 and SysClk 250000000

Marvell USB EHCI Host controller #0: c04e4b00
Marvell USB EHCI Host controller #1: c04e4a40
pexBarOverlapDetect: winNum 2 overlap current 0
mvPexInit:Warning :Bar 2 size is illigal
it will be disabled
please check Pex and CPU windows configuration

PCI: bus0: Fast back to back transfers disabled
PCI: bus1: Fast back to back transfers enabled
SCSI subsystem initialized
usbcore: registered new driver usbfs
--------------------------

たぶんpexというのはPCI Expressのことを意味しているのでしょう。
Bar 2は有効にしていないはずなのにilligalだからdisableだよと言われてしまいました。
このメッセージはPCI Expressのスロットに何もささなくても表示されるので、いったいどういうことでしょうか。

LinuxでPCIのコンフィグ空間をいじるツールがあればいいのですが、ARM用にコンパイルしなければならないし・・うーん。
このメッセージを出なくするには、とりあえずBAR2空間を実装すればいいのでしょうか。

今日はもう遅いので、解析の続きはまた次回にします。

|

« PCI ExpressのIPコアがWindowsXPで認識された | トップページ | 玄箱ProのPCI Express(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCI ExpressのIPコアがWindowsXPで認識された | トップページ | 玄箱ProのPCI Express(続き) »