« MicroBlazeのデバッグプロトコルを解析 | トップページ | 折りたたみ自転車を買った »

2008.09.25

モバイル回路図エディタを作りたい!

電車の中で回路図が描けたり、回路シミュレーションができたらどんなに素晴らしいでしょう。

今日は他の仕事がいっぱいあって忙しいのに、どうしてもそのアイデアを試してみたくなって、そんなものを作りはじめてしまいました。

Visual Studio 205とC#を使って、1日でここまでできました。
Sched1
エミュレータでは画面が狭くなってしまいます。


Sched2

このソフトはAdvanced/W-ZERO3 [es]で動かすことを前提としています。
他の携帯できちんと表示されるかどうかはわかりません。

ソフトを起動するとランダムにトランジスタやら抵抗が画面上に表れます。それをタッチパネルでドラッグアンドドロップして動かすことができます。真中の丸いボタンを押すと回転させることができます。
現在はまだ配線を引いたり、部品の定数を変えたりすることはできません。ただ部品をぼーっと眺めるだけです。
ツールボタンも飾りです。

部品を20個くらい表示しても、サクサク動くので驚きました。
PHSに載っているCPUって意外とパワーあるのですね。

回路図が描けて、簡単なシミュレーションが動いて、応答が解析できて、スミスチャートが描けるようにするのが目標です。

難しいのは片手でも最低限の操作ができるようなユーザインタフェースにすること。
キーボードを開いたり、スタイラスで細かい操作をしなければならないようなユーザインタフェースだと、片手で操作できないのでNGです。部品を回転させたり、プロパティを開いたり、線をつないだり・・・。
片手でできるような操作体系にできるでしょうか。

試してみたいかたは↓からダウンロードできます。
.NETアプリなので、PCでも携帯でも動きます。

Sched「Sched.exe」をダウンロード

今後、週に2~3時間くらい時間をとってこのプロジェクトもコツコツ進めて行きたいです。
ああ、やりたいことが多すぎる。


|

« MicroBlazeのデバッグプロトコルを解析 | トップページ | 折りたたみ自転車を買った »

コメント

アドエスはARMのXScale PXA270を624MHzで動かしているのでパフォーマンスは
携帯とかPHSというより数年前のPCに近いですよ。スマートフォンですし。

投稿: | 2008.09.30 22:14

そうなんです。数年前のPCに匹敵するパワーが、ポケットの中に入っているということに物凄い魅力を感じているのです。
パソコンとちがって、起動時間が短いのも嬉しいです。

昨年、簡単なスミスチャートの計算をするプログラムを作ってみましたが、速度的にはまったく問題なかったです。
http://nahitafu.cocolog-nifty.com/nahitafu/2007/12/post_394b.html

いつでもどこでも、さっと動かせる電子回路シミュレータを作るのが目標です。

投稿: なひたふ | 2008.10.01 01:19

大変興味深く、また今後の発展を楽しみにしています
今は思いついたらメモ紙に書いて、後でCADに入力していますが、これは便利ですね
更にここから出力したファイルが普段使っているCADに入れられたらもっと便利かな、なんて思います

先日、mixiで勝手にリンク貼って「便利だけど、出先でも家でも仕事をすることになりそう」なんて日記を書きました
なひたふさんもお越しになられたようですが、公開範囲を制限していたのでご覧になれなかったかと…失礼しました

投稿: のら猫 | 2008.10.03 09:05

のら猫さん、こんばんは
お返事が遅くなりまして申し訳ありません

mixiから物凄い勢いで飛んできていたので、どのような日記かと気になっていました。
>「便利だけど、出先でも家でも仕事をすることになりそう」なんて日記を書きました

ふっふっふ。それも狙いのひとつです。
帰りの電車の中で回路図を描いて、PNGに変換して携帯から会社にメール送信!なんていうのもいいですよね。

メジャーなCADフォーマットには対応したいです。
ProtelとEagleは抑えておきたいですね。
普段はどんな回路図エディタをお使いですか?

投稿: なひたふ | 2008.10.09 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MicroBlazeのデバッグプロトコルを解析 | トップページ | 折りたたみ自転車を買った »