« トラ技78KマイコンとAdesの接続 | トップページ | ET2008出展報告 1日目 »

2008.11.19

将来のJTAGアプリケーションを考えてみた

ようやく、ET2008の講演資料を書き終えました

今年はCQ出版様とIPA様の2箇所で講演をさせていただくことになりましたが、内容は全く別物のつもりで描いていました。しかし、原稿を書いていて、2つの講演の結論が同じところにたどり着きました。
これが、私が将来的にやりたいことだなと実感しました。

無数の小さなワンチップマイコンが、PHSを介してネットワークにつながります。
無数のワンチップマイコンがネットにつながる

そして、そのネットワークを経由して、ワンチップマイコンにJTAG信号を発生させ、ターゲットボードをバウンダリスキャンするのです。
インターネット経由でJTAGデバイスに書き込み

上の2枚の絵が、近い将来、特電が作るであろうJTAGアプリケーションの姿であるような気がします。

つまり、JTAGの難しい部分をクラウドの中のサーバ側に上げてしまって、JTAGインタフェースやクライアントPCの中のプログラムはごく簡単にする。そして、携帯電話やPHSなどのモバイル機器からMITOUJTAGのようなリアルタイム・視覚的バウンダリスキャンを実行できるようにするのです。

つまり、トラ技の付録78KUSBマイコンをUSB-JTAGに改造して、ローカルPCのUSBポートに挿せば、78KマイコンのI/OポートからJTAG信号がでてきて、ターゲットボード上のFPGAやCPLDに書き込みができるというものです。
もちろん、JTAG-ICEのようなアプリもWebにもっていくことを考えています。

このアプリケーションのなにが嬉しいかというと、
 ・ローカルPCにアプリケーションをインストールしなくて良い
 ・最新のデバイス書き込みアルゴリズムが、すぐ使える。アップデートしなくてよい。
 ・BSDLファイルを入手しなくてもバウンダリスキャンができる
 ・ターゲットボード(FPGAなどが乗ったハードウェア)が手元になくても、とりあえずバウンダリスキャンの雰囲気が味わえる
 ・組み込み分野以外の人でも、Webサイトをみるだけでバウンダリスキャンの雰囲気が味わえる
などなどです。
 ・バウンダリスキャン可視化の画面と、JTAGで物理的に操作されるハードウェアは別の場所にあってもよい。

すでに、こういった機能を実現するサーバは80%ほど出来ていて、まもなくJTAG書き込みサービスを最初に開始できる見込みです。このサービスは無償でも使えるようにします。

そして、今年の12月には下の図のような、MITOUJTAG/WebScanというサービスを開始しようと思っています。
Webブラウザ上で動く汎用バウンダリスキャンツール

上の画像をクリックすると、MITOUJTAG/WebScanのデモページへジャンプします。
まだ実際のハードウェアにはつながっていないので、画面に出てくる絵はすべてダミーなのですが、MITOUJTAGの雰囲気は味わえます。
ぜひとも遊んでみてください。

|

« トラ技78KマイコンとAdesの接続 | トップページ | ET2008出展報告 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トラ技78KマイコンとAdesの接続 | トップページ | ET2008出展報告 1日目 »