« Ajax版JTAGツールのつづき | トップページ | PCI Express External Cabling接続を試してみた »

2008.12.15

AjaxでJTAGバウンダリスキャンに成功

ついにAjaxなJTAGバウンダリスキャンに成功しました。
誠に勝手ながら、世界初の成果ではないかと思います。

Webscan

「サーバ起動」というボタンを押すと、サーバ上でJTAGデーモンが起動して、ローカルPCにつながったトラ技78Kマイコンを操作するためのコマンドが送られてきます。
そして、78KマイコンからJTAG信号が出力され、JTAGデバイスの自動認識が行われます。今回は、Spartan3ANとXCF04Sを認識しました。
その後、SAMPLEというボタンを押すと、バウンダリスキャンが行われ、その結果のビット列が画面に表示されます。文字列のかわりに画像ファイルを送るようにすれば、視覚的なバウンダリスキャンになるでしょう。

気になる動作速度ですが、トラ技78KマイコンをJTAGケーブルとして使った場合、毎秒2スキャンくらいでした。
まだまだ改善の余地はありそうです。

どうぞご期待ください!


|

« Ajax版JTAGツールのつづき | トップページ | PCI Express External Cabling接続を試してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ajax版JTAGツールのつづき | トップページ | PCI Express External Cabling接続を試してみた »