« Spartan-6基板、出図完了! | トップページ | FPGAカンファレンスに出展します »

2009.09.04

マルツベースボードとのJTAGの共存方法

eightさんの質問の件の解決方法がわかりました。

マルツのベースボードを使いつつ、上にのるFPGA基板に直接JTAG信号を注入するには、マルツベースボードのジャンパJ6をカットしてください。
Mfpgabase

これで、ベースボード上の出力バッファがディゼーブルになり、上に乗せたFPGA基板上のJTAG信号が自由に使えるようになります。

なお、J5の1-2番ピンのジャンパをはずしても、出力バッファの電源が絶たれるので、同様にJTAG信号が開放されます。ただし、安全性は未確認です。J6のカットがおすすめです。

|

« Spartan-6基板、出図完了! | トップページ | FPGAカンファレンスに出展します »

コメント

なひたふ様

お答えいただきありがとうございます。
JP6をカットして、無事リアルタイムにバウンダリスキャンできるようになりました。

マルツボードのサポートページには、JP6はXillixのJTAGケーブルで使用する場合との記述とあったのでわかりませんでした。(あとカットしてしまうとパラレルポートは使えなくなってしまうので躊躇してました。mitouJTAGがあるからいいといえばいいんですが。)

Spartan6の評価ボード欲しいですねぇ。PCIExpressのボード欲しいですねぇ。
特電(なひたふ)さんのような製品が、個人、中小レベルに、高度なハードウェア開発の手段を提供してくれたので、FPGAやPCIeのボードが自作できるようになればなぁと妄想してしまいます。(まだまだ、道のりは遠いですが)
私は、いつか、FPGAで自作のオシロを作るのを目標(妄想?)にしています。

これからも、特電(なひたふ)さんの製品を楽しみにしております。

ありがとうございました。

投稿: eight | 2009.09.05 15:58

eightさん、バウンダリスキャンできるようになってよかったです。
そんなにお褒めいただくと恥ずかしいです。
>あとカットしてしまうとパラレルポートは使えなくなってしまうので躊躇してました
またパラレルポートを使いたい場合は、カットしたJ6の上に半田を盛ってつないでください。

Spartan-6の評価ボード、一発でうごけばいいんですが・・・
今日の夕方、基板が仕上がってくるのですが、この1週間、作ったボードがちゃんと動くかどうか、不安な毎日を過ごしています。

投稿: なひたふ | 2009.09.09 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Spartan-6基板、出図完了! | トップページ | FPGAカンファレンスに出展します »