« MITOUJTAGがSPI ROMの書き換えに対応しました | トップページ | Virtex-5でJTAG SPIするのは中々難しい »

2010.07.13

ある基板が届いた

今日、ある基板が届きました。

Fls256_1

さて、何の基板でしょう。
裏面は縦に配線がたくさん走ってます。

Fls256_2

動かすのが楽しみです。

|

« MITOUJTAGがSPI ROMの書き換えに対応しました | トップページ | Virtex-5でJTAG SPIするのは中々難しい »

コメント

LED光センサアレイかな???

投稿: kiku | 2010.07.13 12:51

待ちに待ってました!
これは、、、
子基板とspa6ボードの3段重ねになるんでしょうか?w
子基板の中央にある20mm角くらいのICが気になりますが、
みえるところが全部LEDになるのは
複数枚繋げて拡張するため?
四隅の足の接続とLEDは排他ですか?w
めっちゃ楽しみです!!

投稿: hiro | 2010.07.13 21:47

はい、大正解です。
LED光センサアレイです。

3段重ねになります。20mm角のICはCoolRunner2が乗ります。RとGとBが16本ずつ、縦の制御が16本、センサ用にさらに16本必要なので、I/Oが80個必要になります。さすがにI/Oの数が足りなくなるのでCPLDでマルチプレクスしています。

>みえるところが全部LEDになるのは
>複数枚繋げて拡張するため?

はい、そうです。
資金に余裕があれば、壁一面をLED光センサアレイで埋め尽くしたいです。

四隅の足はマックエイトの奇抜なコネクタを使うので、LEDを実装したままネジが締められます。

投稿: なひたふ | 2010.07.14 04:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGがSPI ROMの書き換えに対応しました | トップページ | Virtex-5でJTAG SPIするのは中々難しい »