« Spartan-3ANの内蔵フラッシュへの書き込み | トップページ | J-WriterがSPI ROMの書き込みに対応しました »

2010.07.08

Spartan-3EのSPI ROMにもJTAG書き込み

Spartan-3EのSPI ROMにもJTAG書き込みができるようになりました。

Spartan-3Eの乗ったボードのJTAGポートに、JTAGケーブルをつなぎます。
Sp3e_jspi

そして、おもむろにコマンドを打ちます。
jwriter -pockj -spi-auto ファイル名.bit

Sp3e_jspi_2

これだけで外付けSPI ROMに書き込み&ベリファイができます。
XC3S1200EのコンフィグデータをROMに書き込む場合、トータルで15秒程度でした。

もちろん、BitファイルをMCSファイルを変換する必要はありません。
BITファイルのまま直接書き込めます。
変換がいらないということは、とても快適です。

このツールは、明日か明後日ごろにはリリースできるでしょう。

|

« Spartan-3ANの内蔵フラッシュへの書き込み | トップページ | J-WriterがSPI ROMの書き込みに対応しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Spartan-3ANの内蔵フラッシュへの書き込み | トップページ | J-WriterがSPI ROMの書き込みに対応しました »