« MITOUJTAGのSPI ROMライタがSST社のSPI ROMに対応しました | トップページ | 軽井沢にいってきました »

2010.07.23

Spartan-6基板の新バージョン

現在品切れしている特電Spartan-6基板ですが、次回のロットから新しくなります。

本日、基板が出来たので、基板屋さんの倉庫に基板を引き取りにいって、その足で南武線の沿線にある実装屋さんに持っていきました。宅配便を使うと時間がかかってしまいます。どうしても1日でも早く欲しかったので、自分の足で運びました。
sunsunsunいやー暑かった。sunsunsunsuncoldsweats02
小田急線や南武線の車内で基板をじーっと眺めていた怪しい人は私です。
# 帰りに武蔵小杉の駅で南武線から総武快速線に乗り替えましたが、あれは遠いですね。

出来上がった基板の写真は、こんな感じです。
10枚面付けしています。
Np1027a_1

ミシン目で分離しているので、割る時にも安心です。

今度の基板は、次のような改良点があります。
① Spartan-6がES品から、プロダクト品に変わります。
② Spartan-6に内蔵されたMCBが使えるようになります。(ただし、FPGAのDDR2まわりのピン配置が全面的に変更されます)
③ I/Oから27組の作動信号ペアが取り出せるようになります。ペア内は等長配線(<10mil)されています。(この変更に伴い、I/OとLEDの一部のピン配置が変更されます)
④ 鉛フリーに対応します。
⑤ 6層基板になりました。
⑥ 現在、極めて入手が難しいATMELのSPIフラッシュROM以外に、ST/Numonyxや、SSTなどのROMが使えるようにしました。
⑦ 他、軽微な変更がいくつかあります。

基板の物理的な外形は変わりません。

1個1個の基板を拡大すると、こんな感じです。
Np1027a_2

あと、基板の欄外にWEEEマークを描いてみました。
Weee_2

このマークは、ヨーロッパでの廃棄物リサイクルと関係あるようなのですが、実は何のマークなのか私自身もよく理解していません。登録業者とか何とか・・・。そういうわけで、基板の製品の部分ではなく欄外に書いてテストしています。

それから、どうでもいいことですが、基板を金メッキ(もしくは金フラッシュ)仕上げにして、ベタパターンの上にレジストマスクを使って文字を書くと、金色の文字が書けます。この方法を編み出してからは、基板に金文字を書くのが常になりました。
Gold

追加のコストなしで見栄えをよくできるテクニックだと思います。いかがでしょうか?
会社のロゴとかデザインしたくなります。

今月の28日ごろに試作品が出来上がってきます。それで問題がなければ量産に入る予定です。ご期待ください。

|

« MITOUJTAGのSPI ROMライタがSST社のSPI ROMに対応しました | トップページ | 軽井沢にいってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGのSPI ROMライタがSST社のSPI ROMに対応しました | トップページ | 軽井沢にいってきました »