« 食べるラー油 | トップページ | MITOUJTAG Light 2.1→2.2へのパッチ »

2010.08.24

EXPARTAN-6Tの再設計

Spartan-6LXTのPCI Expressボード、通称「EXPARTAN-6T」を出図しました。

前回の設計ではいろいろ問題があったので、今回、設計をしなおしました。

主な修正点は以下のとおり
・PCIeのTXとRXが逆になっていたのを直す→これでジャンパがなくなる
・PCIeエッジのリセット信号をFPGAに直結にする
・SPI ROMをST社のM25P32に変更→M25P32は大量に確保!
・3.3Vドロッパ電源をスイッチング電源に変更
・HSWAPENをLにして、未コンフィグ時にI/Oがプルアップされるようにする
・シルクの直し
・マイクロストリップラインのインピーダンスと長さを揃える
・2つあるSATAコネクタの1つをホスト、もう1つをスレーブにする。
などです。

今回、3.3Vのスイッチング電源にはTPS54318、1.2Vのドロッパ電源にはTPS74401と、高級なものを贅沢に使いました。

基板の出来上がりは9月1日です。そのときは、1枚だけ試作します。
問題なく動作するようであれば10枚ほど量産試作を行い販売を開始します。
順調にいけば9月中旬には販売開始できそうです。

価格は6万円前後を予定しています。

Np1032a

|

« 食べるラー油 | トップページ | MITOUJTAG Light 2.1→2.2へのパッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べるラー油 | トップページ | MITOUJTAG Light 2.1→2.2へのパッチ »