« はじめての輸出 | トップページ | 食べるラー油 »

2010.08.17

Spartan-6のサンプルデザインを更新

Spartan-6評価ボード用のサンプルデザインを更新しました。

かなり見栄えもよくなって、それらしいアプリケーションになりました。

Refdesign0802

USB経由でDDR2 SDRAMの内容を読み出したり、書き込んだり、テストパターンを発生させて画像として表示させるなどということができます。

なお、DDR2 SDRAMのメモリの内容の初期値を読み出して表示してみると、こんな感じでした。
Ddr2_default

見慣れている人にはお馴染みの画像ですね。

いくつか問題も残っているのですが、前のに比べると各段に良くなったと思います。
今後も継続して開発していって改良していきたいと思います。

サンプルデザインのダウンロードはこちらから行えます

使用しているDDR2 SDRAMコントローラや、USBインタフェースコアのソースはこちらにあります

今後は、DDR2 SDRAMコントローラをマルチポートにして、周辺回路からDDR2 SDRAMにデータを書き込めるようにしたいと思います。
それをベースにしてロジアナやCMOSイメージセンサアプリを作っていこうと思います。

|

« はじめての輸出 | トップページ | 食べるラー油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめての輸出 | トップページ | 食べるラー油 »