« PCI Expressのケーブル延長ボード | トップページ | Spartan-6の新しいJTAG書き込みツール »

2010.10.09

EXPARTAN-6T出荷開始!

昨日、EXPARTAN-6Tを出荷開始しました。
http://www.tokudenkairo.co.jp/sp6/expartan-6t.html

ここまでたどり着くのに、4か月ほどかかりました。

Expartan6t2

ホームページ上にマニュアル、サンプルデザイン(USB、DDR2、PCIe(特電コア)、PCIe(内蔵EP)、SATAコネクタなど)、アプリケーションソフトウェアなどをアップロードしました。

SATAは、プロトコルなど全くわからないので、コネクタを通じたループバック試験のソースをアップロードしました。

とりあえずは、「特電PCI Express互換コア」で動かすようなサンプルデザインを添付していますが、いずれXILINXの内蔵EndPointの使い方が解明できたら置き換えていきたいと思います。

また、サンプルアプリやドライバなども、これから徐々に更新していきます。お楽しみに。
それに、このEXPARTAN-6Tは、特電Spartan-6評価ボードの上位互換なので、USBまわりは全く同じように動きます。

それから、先日説明したとおり、PCI Expressボードにはブラケットがないと危険なことがわかったのですが、専用のブラケットを作るのにはなかなか時間がかかります。この基板専用のブラケットはすでに国内の業者に発注していますが、納品までにあと2週間ほどかかる見込みです。
それまでの間は、私がハンドニブラとヤスリで加工した下手なブラケットを添付することにしました。綺麗なブラケットが業者から送られて来たら、すぐに発送させていただきます。でも、それまでは下手な加工のブラケットを添付します。
「下手なブラケット」の在庫は、あと4つです。それ以上の数はなかなか手に入りませんでした。悪しからずご了承ください。

|

« PCI Expressのケーブル延長ボード | トップページ | Spartan-6の新しいJTAG書き込みツール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCI Expressのケーブル延長ボード | トップページ | Spartan-6の新しいJTAG書き込みツール »