« MATLABとSpartan-6ボードで音声キャプチャ | トップページ | Spartan-6ボードをExcelから操作 »

2010.10.22

はじめてのブラケット製造

EXPARTAN-6T用の専用ブラケットを作成しました。

さすが板金屋さんというべき綺麗な仕上がり。自分でドリルとやすりで削ったのでは、こう上手くはいきません。それにニッケルメッキの特有の触感で肌触りもよいです。

今回はロープロファイル用とフルサイズ用の2つを作りました。

●ロープロファイル用
省スペースのスリムなPCにもぴったりおさまります。
これで安心してPCI Expressボードが使えます。
Bracket1

●ロープロファイルの基板なのにフルサイズのブラケット
これはフルタワーやミドルタワーなど、大きいPCに挿すときに使います。
Bracket2
ロープロファイルと標準サイズでは、切り欠きの向きが逆になるのですね。

●正面から見た図
Bracket3

●背面から見た図
Bracket4

反省点としては、基板を作る時点でもう少しコネクタ類を外側に出したほうがよかったかなという点です。そうすればブラケットの穴にコネクタの先がぴったりと入るので、見た目が良くなります。

ところで、なんで「汎用のブラケット」って世界中を探しても売っていないのでしょう。汎用というのは、PCI規格で定められたサイズで、標準の位置に穴が開いていて、パネルの全面に大きな角穴が開いていてどんなコネクタがあっても大丈夫というようなもの。

本日以降の出荷分では、EXPARTAN-6Tにこの2つのブラケットを同梱して送りたいと思います。
本日までにお買い上げいただいた方には、2つのブラケットを郵送します。

|

« MATLABとSpartan-6ボードで音声キャプチャ | トップページ | Spartan-6ボードをExcelから操作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MATLABとSpartan-6ボードで音声キャプチャ | トップページ | Spartan-6ボードをExcelから操作 »