« RX62TのJTAG ICEを開発しています | トップページ | RXの内蔵RAMにJTAGでダウンロード »

2011.01.05

RX600の逆アセンブラを実装中

そういうわけで、RX600用のJTAG-ICEを開発していますが、困ったことに逆アセンブラが超つくりにくいです。

このRXというコアはCISCで超高コード効率と謳われているのですが、そのかわりコードの直交性や規則性が犠牲になっている感じです。何に使うんだろうと思えるような命令や、便利そうな命令があって、すごく命令数が多い。データシートを読んで、すべてのアセンブラの命令をなぞる感じで入力していくので、命令数が多いと作業が増えます。
RXの逆アセンブラを作るのは結構きついですね。

とりあえず、ブートコードくらいは逆アセできるように・・と頑張っています。
Rx62t_disasm

逆アセンブラの作成は単純作業とテストの繰り返しなので、よく使う命令(サンプルプログラムに出てくる命令)だけ実装したら、次の機能の実装に移ろうかと思います。

|

« RX62TのJTAG ICEを開発しています | トップページ | RXの内蔵RAMにJTAGでダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RX62TのJTAG ICEを開発しています | トップページ | RXの内蔵RAMにJTAGでダウンロード »