« Spartan-6のMicroBlazeでU-Bootを動かす | トップページ | RX600の逆アセンブラを実装中 »

2011.01.04

RX62TのJTAG ICEを開発しています

なひたふから皆様へ贈る、今年の第一弾は
RX62T/RX62N用JTAG ICE」です。
今話題沸騰のCPUといえば、やっぱりルネサスの新生マイコン「RX」シリーズ。
なひたふのJTAG ICEは非常に低機能ですが、このRXマイコンにいち早く対応します。

JTAG ICEというのは、JTAGのケーブルをつなぐだけで、マイコンのメモリやレジスタを自由自在に読み書きして、CPUの動きをパソコンから自由自在に操るツールのことです。
特電のPocket JTAG Cableや、J-Writer、XILINXやALTERAのパラレル接続ケーブルを介してJTAGインタフェースでRXマイコンと接続し、自由自在に操ることができるようになります。このツールが動くと、シリアルケーブルがなくてもRX62Tマイコンにプログラムをダウンロードできて、好きなタイミングでステップ実行などができるようになります。

接続の方法はこんなです。
Rx62tjtag

開発中の画面を、ちょこっとだけお見せします。
Jice_rx62t_dev1

いま現在、
 ・CPUとの接続
 ・任意のタイミングでのブレークと再開
 ・汎用レジスタ/制御レジスタのリード・ライト
 ・メモリの読み出し
ができています。

これから、
 ・逆アセンブラ
 ・メモリの書き込み(プログラムのダウンロード)
 ・ブレークポイントの設定
 ・ステップ実行
の機能を作っていきます。

このRX用JTAG ICEは、近日中に無料でダウンロードできるようにいたします。
ただし、ご利用いただける方は、特殊電子回路㈱のMITOUJTAG(バージョン2以降)をご利用のお客様に限らせていただきますので、なにとぞご了承ください。DLLとかファイルの関係でそうなってしまいます。ご容赦ください。

つまり、MITOUJTAG BASIC、Pro、Lightをご利用のお客様へ、日ごろのご愛顧をこめてのプレゼントとさせていただきます。
※ なお、MITOUJTAG Lightは36,540円という低価格で好評発売中です。期間限定発売なので、今月中には販売を終了します。お早めにご検討ください。

開発の経過はこのブログに随時執筆していきます。
ご期待ください。

|

« Spartan-6のMicroBlazeでU-Bootを動かす | トップページ | RX600の逆アセンブラを実装中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Spartan-6のMicroBlazeでU-Bootを動かす | トップページ | RX600の逆アセンブラを実装中 »