« SATAのIPコアでHDDのDevice IDの取得に成功 | トップページ | SATAから読みだしたデータをASCII表示 »

2011.09.01

みえたジェイがALTERA USB Blasterに対応!

FPGAやCPLDがどんなふうに動いているのかを、見てみたくありませんか?
ロジアナのコアを埋め込んで内部の信号を見るのではなくて、I/O端子がどう動いているかを見てみたいと思いませんか?

JTAGを使えば、それができるのです。
でも、最近のALTEARのボードって、JTAGのコネクタが出ていないですよね。

だから、外部のJTAGケーブルが使えない。
使えるのはオンボードのUSB-Blasterのみ。
これでは第三者がJTAGツールを作っても何もできません。

そこで、思い切って「みえたジェイ」をALTERA USB Blasterに対応することにしました!

次の写真を見てください。

Usbblaster2

TerasicのMMKというボードがあります。これにはUSB-Blaster相当の回路と、MAX IIのEPM2210F324Cが乗っています。

みえたジェイにUSB-Blaster対応パッチをインストールすると、ケーブルにUSB Blasterが選択できるようになります。

Mietajub1_2

自動的にJTAGデバイスを検出し、検出されたデバイスのIDCODEが表示されます。
Mietajub2

そして、このようにバウンダリスキャンで端子のH/Lや、入出力の方向がわかるというわけです。しかもこれがチカチカ動いて見えます。
Mietajub3

ピンの状態もこのように一覧表になります。Qualtusの設定ファイルを読み込ませておけば、1つ1つのピンに名前をつけることもできます。
Mietajub4

バウンダリスキャン時の画面を印刷することもできます。Acrobatを入れておけば、画像をPDFにもできます。
「mietaj-usbblaster.pdf」をダウンロード

ALTERAのボードはUSB Blaster内蔵なので、みえたジェイのソフトだけあれば、こんなことまでできてしまうわけです。
「みえたジェイ」は今ならなんと!わずか5000円です。

実際の回路がどう動いているか見えると、デバッグの効率が全然違うものですよ。
ぜひお試しください。

バウンダリスキャンを使わずにFPGAのデバッグをしようなんて、もう考えられません。

「みえたジェイ」のUSB Blaster対応パッチはこちらからダウンロードできます。
 ・みえたジェイの製品紹介ページ

みえたジェイのご購入はこちらから
 ・特電オンラインショップ

|

« SATAのIPコアでHDDのDevice IDの取得に成功 | トップページ | SATAから読みだしたデータをASCII表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SATAのIPコアでHDDのDevice IDの取得に成功 | トップページ | SATAから読みだしたデータをASCII表示 »