« みえたジェイがALTERA USB Blasterに対応! | トップページ | RX62NからPINGが打てるようにした&ライブラリ更新 »

2011.09.01

SATAから読みだしたデータをASCII表示

秋葉原で買ってきた新しいHDDをEXPARTAN-6Tにつなぎ、開発中のSATA IPコアを動かします。

Expartansata_2

そして、MITOUJTAGのロジアナをちょっと改良して、ASCII文字で表示できるようにしました。
Hdd_idcode2

そして、DEVICE IDENTYFYというコマンドを送り、帰ってきたデータをASCII表示します。
Hdd_idcode

おおっ、Hitachi HDS721050CLA362という型番が読めるではないですか!
しかもシリアル番号(画面にはぼかしを入れています)も読めています。

それに、このツールはハードディスクの基板が壊れている場合 (BIOSから認識されない場合。電源投入時でエラーステータスが返ってBIOSは何もつながっていないものとみなしてしまった場合)でも、IDCODEが取得できました。

パソコンではどうにもならない壊れたHDDでも何とか動かせるかもしれません。
そういったことも試してみたいと思います。

|

« みえたジェイがALTERA USB Blasterに対応! | トップページ | RX62NからPINGが打てるようにした&ライブラリ更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みえたジェイがALTERA USB Blasterに対応! | トップページ | RX62NからPINGが打てるようにした&ライブラリ更新 »