« 究極のRX62NボードにUSBマウスをつなぐ | トップページ | DIPパッケージのRXマイコン »

2012.06.25

ZYNQのデバイスが届いた!

6週間ほど前に正規ルートで注文しておいた、XILINXのZYNQデバイスが今日届きました。

型番はXC7Z020-1CLG400CES9937。

届いたときには、1個のデバイスが1個のトレイに置かれて1つの袋に入れられて、1つ1つの段ボールで送られてきました。なんと豪華な梱包でしょう。

Zynq1

ちなみに、めっちゃ高いですよ。このデバイス2個で、ZEDボードが3枚買えるくらいの値段です。

ラベルをES品であることがわかります。

Zynq2

デバイスの表面には凛々しい字でZYNQと書かれています。

Zynq3

さて、何を作りましょう。その前に、ハードウェアマニュアルというかユーザガイドってあるんだろうか。

ZYNQDUINOでも作ろうかなと思ったけど、ホントにDUINOにしちゃっていいのだろうか。

そもそも、このXC7Z020って何ができるんだろう。

・Dual ARM® Cortex™-A9 MPCore™ with CoreSight™が800MHzで動く
・FPGAのロジック部分は、Artix-7で130万ゲート相当(?)
・ブロックRAMは560kBの容量がある
・PCI Expressは内蔵されていない

史上最強のDUINOができそうだ。。うっしっし

|

« 究極のRX62NボードにUSBマウスをつなぐ | トップページ | DIPパッケージのRXマイコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 究極のRX62NボードにUSBマウスをつなぐ | トップページ | DIPパッケージのRXマイコン »