« 2014年を振り返ってみて・・ | トップページ | VivadoでXILINX Platform Cableを遠隔操作してみる »

2015.01.01

2015年の目標

あけましておめでとうございます。

正月に立てた目標は意外と達成されることが多いので、特電の今年の目標を書いておくことにします。

 one MITOUJTAGの近代化
 two 脱・FPGA評価ボード屋
 three 常時10人の会社を目指す

です。

MITOUJTAGは今年で12周年になります。2004年に未踏ソフトウェアで初めて登場したときには、パソコンのディスプレイのサイズは1280×1024または1024×768の4:3が主流で、CAD等の設計ソフトはアプリの上に16×16くらいのサイズのボタンがずらっと並んでいたわけです。

MITOUJTAGの画面も、そういうソフトを参考に作られてきました。

しかし、現在のデスクトップPCのディスプレイは1920×1080が主流です。小さなボタンだと何のボタンだかわかりません。

ノートPCでは縦が1024ピクセルもありません。MicrosoftのOfficeのUIはリボンになり、スマートホンでは次に操作するためのボタンだけが表示されるようになっていたり、ユーザインタフェースはこの10年間で大きく変わりました。

だから、MITOUJTAGも大きく変えることにします。

sun

特電は2009年ごろからFPGA評価ボードをいろいろ作ってきました。春ごろに小型のZYNQボードを出すかもしれませんが、これからは汎用FPGA評価ボードではなく、もっとアプリケーション寄りのことをやっていきたいと思っています。

具体的には、FPGAを使って放射線検出機器を作るという流れを推し進めていきたいと思っています。

放射線を検出して、何かを測る。そのためのFPGA設計です。

目指せ!脱・FPGAボード屋!

sun

今の特電のオフィスは風水的にもよくて、環境も日当たりもよくて、良い人がいっぱい集まってきてくれたのですが、周辺の道路が静かすぎる感じがします。

現在抱えている経営的課題が解決したら、秋葉原のにぎやかな電気街のどこかに引っ越しして、会社の規模としては常時10人くらいを目指します。

今年もよろしくお願いします。

|

« 2014年を振り返ってみて・・ | トップページ | VivadoでXILINX Platform Cableを遠隔操作してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年を振り返ってみて・・ | トップページ | VivadoでXILINX Platform Cableを遠隔操作してみる »