« Cosmo-ZのADCが安定して受信できるようになった | トップページ | Cosmo-ZのLinuxでADCの波形が取れるようになった »

2015.01.08

Cosmo-ZのLinuxを本格的に・・

Cosmo-ZのLinuxを本格的にいじり始めました。

まず、ZYNQ Linuxの構築手順をこちらのページにまとめました。

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmoz/sdk.html

環境の準備から、u-boot、ramdisk、linux、devicetree・・とひととおり書きました。

また、LinuxやU-BootをビルドしているディレクトリをそのままZIPで固めて「Cosmo-Zダウンロードページ」で公開を始めました。SDカードに書くべき起動データなども一式そろっています。

それから、現在、Cosmo-Zの中にWebサーバを入れて(busyboxのhttpdですが・・)、こんな管理画面を作ろうとしています。

Cszcontrol1

BusyBoxのhttpdはCGIも使えてかなりGoodです。しかしPHPとか使えるわけではないので、ページ全体をCGIで作るのはちょっと大変。

そこで、Ajaxを使うことにしました。

Cosmo-Zの管理画面ではJavaScriptを動かして、Cosmo-Zのbusyboxの中にあるCGIをAjaxでつっついて、キャプチャの開始や波形の取得などをしようという考えです。


|

« Cosmo-ZのADCが安定して受信できるようになった | トップページ | Cosmo-ZのLinuxでADCの波形が取れるようになった »

コメント

cosmo-z いいですね!

この仕様でこの価格なら大規模な多チャンネル計測に
無理なく導入できそうです。
さらに私のようなハード屋には敷居の高かったLinux開発環境についても
解り易い物を用意くださっているので安心して利用できそうです。

放射線関連の大規模な物理計測分野で
結構インパクトのある製品になりそうですね。

投稿: tube-polisher | 2015.01.09 09:57

コメントありがとうございます。
返信が超遅くなってしまって申し訳ございません。

ようやく放射線計測とZYNQ Linuxが結びつきそうです。

ITERとか、ハイパーカミオカンデとか、カムランドとか、そういったところで使ってもらえたら嬉しいです。それを目指して頑張っています。

投稿: なひたふ | 2015.02.23 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-ZのADCが安定して受信できるようになった | トップページ | Cosmo-ZのLinuxでADCの波形が取れるようになった »