« ZYNQ上のLinuxでPNG画像を生成する | トップページ | 第二回MITOUJTAGセミナーを開催します! »

2015.01.13

ZYNQ上のCGIでグラフの画像を作ることができた

ZYNQで動くLinux上で、波形のような画像を動的に生成し、CGIで返すことができるようになりました。

Cosmo-ZにHTTPでアクセスして、「波形モニタ」というところを押します。

Cosmozwebui_1

ぺこっと押す。

すると、このように

Cosmozwebui_2

このように、波形のようなものが右側に表示されます。

現在は実際のADCの波形ではなく、ZYNQの中で作り出しているダミーのデータを表示しています。ADCのデータをテキストとして取り出すことはすでにできているので、この波形ビューワーと組み合わせれば、Webインタフェースの8chモニタができるはず!

ちなみに、昨日作ったlibpngライブラリは、メモリ上の二次元配列の望みの座標に点を打つことしかできません。

線を書いたり塗りつぶしたりするのはlibpngだけではできませんので、GDというライブラリを使いました。GDは、線を書いたり塗りつぶしたりするためのグラフィックライブラリです。GDのバージョンは2.1.0です。

GDをARM用にクロスコンパイルする方法は、ここのページを参考にしました。

こんなファイルを作っておいて、myconfとかいう名前で保存し、

#!/bin/bash

# architecture prefix
ARCH="arm-linux"

# path to the toolchain and kernel base
TOOL_PATH=/usr/local/arm-linux

# path to the toolchain base
BASE_PATH=$TOOL_PATH/2.95.3

# cumulative toolchain prefix
PREFIX=arm-xilinx-linux-gnueabi

export CC=$PREFIX-gcc
export CXX=$PREFIX-g++
export LD=$PREFIX-ld
export NM="$PREFIX-nm -B"
export AR=$PREFIX-ar
export RANLIB=$PREFIX-ranlib
export STRIP=$PREFIX-strip
export OBJCOPY=$PREFIX-objcopy
export LN_S="ln -s"

export CFLAGS="-g -O2 -I/usr/local/arm-linux/include"
export CPPFLAGS="-I/usr/local/arm-linux/include"
export CXXFLAGS=""

export LDFLAGS=""

./configure \
            --host="arm-linux" \
            --prefix=/usr/local/arm-linux \
            --with-png=/usr/local/arm-linux \
            --with-jpeg=no \
            --with-freetype=no \
            --with-fontconfig=no \
            --with-xpm=no

libgd-2.1.0$ . myconf

でconfigureが実行されます。

そのあとはmake と make installで完成です。

|

« ZYNQ上のLinuxでPNG画像を生成する | トップページ | 第二回MITOUJTAGセミナーを開催します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZYNQ上のLinuxでPNG画像を生成する | トップページ | 第二回MITOUJTAGセミナーを開催します! »