« 新しい光電子増倍管ケースの作成 | トップページ | 第62回 応用物理学会春期学術講演会の付設展示会に出展します! »

2015.03.06

Cosmo-Zの新バージョンができあがり

Cosmo-Zの新バージョンができあがってきました。

現在のところ、3月中に6台作らなければならないのですが、新基板の様子をみるため、とりあえず2台だけを先に作りました。

Cosmoznewx2

Cosmo-Zの新版で何を変えたかというと、いろいろあるのですが・・

  1. GTXコネクタの間隔を広くしてSMAケーブルが干渉しないようにした
  2. GTX、SATAに保護ダイオードを挿入
  3. GTXの信号をコンデンサでカップリングする
  4. 基板エッジマウント型のSMAコネクタのFootPrint変更
  5. Power Over Ether回路の全部品が乗るよう、コンデンサの形状変更
  6. アナログ入力の保護ダイオードをGNDに対して挿入
  7. 起動モード設定のためのプルアップ/プルダウン抵抗の変更
  8. SRSTをちゃんとつなぐ
  9. アナログアンプのパワーダウンが可能に
  10. FPGA未起動時にLVDSのクロックが不安定にならないようにする
  11. 1.8Vと3.3Vロジックが混在しないようにした
  12. SDカード周辺の抵抗値を変更し、CDとWP信号が確実に認識されるようにした
  13. GigabitEther PHYのロジック電圧を1.8Vに変更
  14. ADCのリファレンス電圧を「外部VREF」に変更
  15. ADCのSPI配線が間違っていたのを修正

ほかにもいろいろあったような気がしますが、思い出せるのはこんなところです。

新版の動作テスト結果は次のとおり。

  • ZYNQの起動・・・△ ある抵抗の値を20kΩ→1kΩに変更する必要あり。プルアップ抵抗3個を外す必要あり。
  • PowerOverEther・・・× なぜか動かない。何を見落としたか・・
  • EZ-USB FX3・・・○ ばっちりOK。USB-JTAGも動作
  • ギガビットイーサ・・・○ ばっちり動作OK
  • ZYNQとDDR3 SDRAM ・・・○ 動作OK。Linuxも起動。
  • ADC・・・ △ ADCのSPIの配線を変更していたのを忘れていた。FPGAのデザインも直さねば。何とかうごいているよう。
  • アナログ電源・・・ ○ RECOM Powerのレギュレータに変えた
  • SATA・・・ 未検査
  • PCI Express・・・ 未検査
  • GTX・・・ 未検査
  • 拡張コネクタ・・・ 未検査

ADCが8ch使用時に消費電力は6Wくらいでした。ZYNQの温度も50℃いかないくらいです。(特電の社内検証用の1号機の消費電力は10Wで、温度は90℃なので、やはり使い古したZYNQは傷んでる!?)

Power Over Ether以外は動いているようなので、とりあえずは大丈夫かなと思います。

|

« 新しい光電子増倍管ケースの作成 | トップページ | 第62回 応用物理学会春期学術講演会の付設展示会に出展します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい光電子増倍管ケースの作成 | トップページ | 第62回 応用物理学会春期学術講演会の付設展示会に出展します! »