« 特電が11周年を迎えました! | トップページ | TrenzElectronics社のZYNQモジュール「TE0720」の取り扱いを開始しました »

2015.09.02

Cosmo-Zにオンラインの波形解析機能を追加

Cosmo-Zにオンラインの波形解析機能を追加しました。

まずは、下記のページを見てください。

http://cosmoz.tokudenkairo.co.jp/files.html

Csz_1

これは、Cosmo-Zで過去に測った様々な計測データです。主に7月末から雨が降ったときにプラスチックシンチレータとフォトマルで測った波形が多くあります。

ファイル名のところをクリックすると・・・

Csz_2

このように波形が見えます。

で、カウントレートやヒストグラムと書いたところをクリックすると・・

Csz_3Csz_4

このように1分間あたりのカウント数や、パルス高さと頻度のグラフが見えるようになっています。

これは、パソコンで動いているのではなく、全部、ZYNQの中のARMで動いているのです。

ZYNQでWebサーバと波形解析プログラムを動かせば、こんなことができてしまうんですね。

いままでは計測したデータをパソコンにFTPして、解析プログラムを走らせて、ExcelとかGnuplotでグラフにしていたのですが、ZYNQの中のARMでできるようにしたので、すっっごーーーーーーーーーーく楽になりました。

取り溜めしたデータを見て喜んでいます。





|

« 特電が11周年を迎えました! | トップページ | TrenzElectronics社のZYNQモジュール「TE0720」の取り扱いを開始しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特電が11周年を迎えました! | トップページ | TrenzElectronics社のZYNQモジュール「TE0720」の取り扱いを開始しました »