« Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します | トップページ | 新幹線の車内で放射線を測ってみた(前編) »

2015.09.18

Cosmo-Zの32ch化ができた!

Cosmo-Zがようやく32chで動作するようになりました。

Cosmoz32ch

いままでは拡張ボードを重ねると、2枚目や3枚目のボードがうまく動きませんでした。その原因は、乗っているADCが80MHz版だったためということでした。

拡張ボードの消費電力が大きいという問題もありましたが、OPアンプを低消費電力版に変え、ADC用の電源をスイッチング電源+LDOの2段構成だったものをスイッチング電源だけの1段構成に変えたところ、3W→1.5W程度に下がりました。

これで32ch 12bit 80MHzのADCが12W程度のシステムで動くようになったというわけです。

|

« Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します | トップページ | 新幹線の車内で放射線を測ってみた(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します | トップページ | 新幹線の車内で放射線を測ってみた(前編) »