« Cosmo-Zで大江戸線一周のデータを処理してみた | トップページ | Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します »

2015.09.14

第76回応用物理学会秋季学術講演会に出展中!

今、名古屋で行われている「応用物理学会」の付設展示会に出展しています。

1日目のブースは・・

Jsap2015_1

こんな感じでした。

筒状のCosmo-Zを応用した検出器は、真ん中にCosmo-Zとハイボルがあって、上と下のアルミの筒の中に光電子増倍管とプラスチックシンチレータが入っています。

この2つのシンチレーション検出器が同時にイベントを発生させたとき(つまり、上下のシンチレータを貫く高エネルギーの粒子が入ったとき)に、LEDのフラッシュライトがまばゆい光を放ちます。

Jsap2015_5

それから、32chに拡張されたCosmo-Zの静展示を行っていました。こちらはアクリルのケースに入れて電源は入れずに展示のみです。

Jsap2015_2

ただ、1日目はお客様が本当に少なくて、さびしい限りでした。4人しかいらっしゃいませんでした。隣のブースはにぎわっていたので、特電ブースの集客が悪かったのでしょう。反省。
A4の紙をつなげた垂れ幕が良くなかったのと、Cosmo-Zの検出器のデモが「製品」だと思われてしまいました。ちょっと失敗。

2日目は、スタッフの(藤堂)さんと、(せもぽぬめ)さんに行ってもらいました。

ブースのようすはこんな感じ。

Jsap2015_3

紙をつなげた垂れ幕をなくして、筒状のCosmo-Zのデモのところに「非売品」と書くようにしました。

Jsap2015_4


結構お客様がいらっしゃったようで、二人の意見を総合してみると20人くらいかなと思います。二人とも遠いところをお疲れ様でした。

1日目、新幹線で東京から名古屋へ行くときに、上の写真の筒状のCosmo-Zデモ機を手荷物で持っていった(めちゃくちゃ怪しい人ですよね)のですが、実はCosmo-Zには電源を入れていて、新幹線の中でずっと放射線量を測り続けていました。

小田原を超えて長いトンネルがあるところで3回くらい少し線量が増えるようでした。おそらくトンネルの中は周囲が土やコンクリで囲まれているから40Kの放射線が多いのかと思うのですが、詳しい結果は後ほど解析して書きたいと思います。

|

« Cosmo-Zで大江戸線一周のデータを処理してみた | トップページ | Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Zで大江戸線一周のデータを処理してみた | トップページ | Kintex-7のPCI Expressボードの開発を再開します »