« Cosmo-Zにオンラインの波形解析機能を追加 | トップページ | 大江戸線一周してミューオンを測ってきた »

2015.09.03

TrenzElectronics社のZYNQモジュール「TE0720」の取り扱いを開始しました

特殊電子回路では、TrenzElectronics社のZYNQボード「TE0720」シリーズの取り扱いを開始しました。

詳しくは特設サイトへ http://www.trenz.jp/

トレンツエレクトロニック社は、ドイツの産業用FPGA/CPUボードベンダです。

Trenz_site

4cm×5cmのコンパクトなサイズに、ZYNQやギガビットイーサ、NANDフラッシュ、SPI ROM、1GBのDDR3 SDRAM、RTCなど様々な部品を凝縮しています。

Te072045s_gross_25

特殊電子回路は、このTE0720モジュールの日本での販売を行います。

なお、TE0720モジュールを使用するためには、ベースボードが必要で、このベースボードもセットで、(少しだけセット割引して)販売します。

Trenz_set

小型軽量で高度な信号処理が必要になるような用途、例えば、無人飛行機やロボット、計測機器への組み込みに最適だと思います。

詳しくは特設サイトへ http://www.trenz.jp/ をご覧ください。

|

« Cosmo-Zにオンラインの波形解析機能を追加 | トップページ | 大江戸線一周してミューオンを測ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Zにオンラインの波形解析機能を追加 | トップページ | 大江戸線一周してミューオンを測ってきた »