« Cosmo-Zのアクリルケース入り | トップページ | 1月を振り返って »

2016.01.30

18bitAD変換ボードを8台、製造しました

18bitのA/D変換ボードを8台製造しました。

生基板の在庫が尽きてしまっていたのと、お正月を挟んだのと、いろいろなトラブルで、およそ2か月くらい納期がかかってしまいました。誠に申し訳ございません。

Ad18_1

30日(土)の朝、私の自宅に実装済み基板が届いたので、夜中に自転車に乗って会社に行ってテストしていました。

Ad18_2

嬉しいことに、全部、一発で動作OKでした。

ノイズも±2.4LSB(≒46μV)に収まっているし、

Ad18_3

INL(積分直線性誤差)も、入力が±1Vの範囲内では±25μV程度で、≒1.3LSBの範囲内でした。±1Vを超えると大きくなっているように見えますが、これは電圧源に使っているYOKOGAWA7651という精密電圧発生器のせいです。

Ad18_5

ひずみ率も-100dB以下でした。下のグラフは、50kHzの正弦波をFFTしたものですが、高調波も非常に小さくなっているのがわかります。

Ad18_4

95kHz付近にあるのは高調波ではなく、発振器か、もしくはケーブルが拾っているノイズです。


よかった。もし異常があったら徹夜しなければならないところでした。

|

« Cosmo-Zのアクリルケース入り | トップページ | 1月を振り返って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Zのアクリルケース入り | トップページ | 1月を振り返って »