« 小学生向けの電子工作マンガ | トップページ | 18bit Cosmo-Z拡張ボードのヒストグラム »

2016.05.01

RaspberryPi3を使うまでのセットアップ

RaspberryPi3を購入したので、使い方をまとめてみた。

Raspi3

【NOOBSをインストールする】

NOOBSのV1.9.0をインストールする。1GBくらいあるやつをダウンロードすること。

Noobs

NOOBSのZIPを解凍した中身をSDカードに入れて、Raspberry Piを起動する。

RasPiが起動すると、すぐさまSDカードのパーティションが変更されて、RECOVERYという小さなパーティションと、6GBの大きなパーティションに分割される。

【RasPiをリモート接続できるようにする】

RaspberryPiにNOOBSを入れたすぐの状態だと、GUI画面で漢字が出ず、日本語の表示が文字化けしまくっているので、ちゃんと使えるようになるまではホストPCからTeraTermを使ってリモート操作でやると楽。

① まずはネットワークにつなぐ。 無線でも優先でもよい。

② RaspberryにキーボードとモニタをつないでTerminalを開き、ifconfigを行って、IPアドレスを調べておく

③ teratermでログインできることを確認する

 なお、ユーザ名はpi
 初期パスワードは  raspberry

である。

sun

【日本語が表示できるようにする】

① ロケールを設定する

sudo dpkg-reconfigure locales

ロケールの選択画面が出るので、

en_GB.UTF-8
UTF-8 ja_JP.EUC-JP
EUC-JP ja_JP.UTF-8

をチェックする。また、UTF-8 デフォルトのロケールを選ぶ画面が出たら、ja_JP.UTF-8を選択する。

② 日本語フォントを入れる

apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

③ ここで一度リブートする。

sudo reboot

これで日本語がちゃんと表示されるようになるので、GUIを使うことができるようになる。

sun

【日本語入力と時刻の設定を行う】

このページを参考にする http://ryus.co.jp/blog/raspberrypi2-4/ とよい。

① ibusをインストールする

sudo apt-get install ibus-anthy

メニューから、[設定 > iBusの設定  インプットメソッド ibus  Anthy]とやる。

どうやら、RaspberryPiで使うかな漢字変換システムは、ibusとAnthyというらしい。

全角半角キーで日本語になるように設定を変更するとよい。

② 時計の表示を変更する。

初期状態ではGMTなので日本時間で表示したい。

sudo dpkg-reconfigure tzdata

アジア→Tokyo を選択する。

そして、リブートする。

【Google Chromeをインストールする】

標準で入っているWebブラウザ「Epiphany」はどうしても好きになれない。

まともなブラウザが欲しいが、apt-getではGoogle Chromeは入らない。

NOOBS 1.9のRaspbial OS(jessyという?)には、Chromeはapt-getではインストールできないようだ。

検索すると、apt-getでchromiumやchromium-browserをインストールする例が出てくるが、現在のRaspberry Piでは使えない。

なお、chromium-bsrというのは別物。

やり方はここにある。

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=121195

以下の4行をコピーして、Terminalに貼り付けて、実行すればよい

wget -qO - http://bintray.com/user/downloadSubjectPublicKey?username=bintray | sudo apt-key add -
echo "deb http://dl.bintray.com/kusti8/chromium-rpi jessie main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install chromium-browser rpi-youtube -y

これでChromiumが使えるようになる。

【その他】

電源の容量は2Aくらいでもいいんじゃないか?

ヒートシンクも特にまだいらなそうだ。

【Raspberry Piで使ったSDカードを再利用するには】

Raspberry PiのSDカードはパーティションが分割されてしまう。WindowsからはWindowsからは1GBのRECOVERYパーティションしか見れないし、RECOVERYパーティションは91MBの空きしかない。

つまり、何GBのSDカードを使っても、1GBのSDカードになってしまう。

Windowsの管理ツールのディスクの管理で見ると、

Disk

となってパーティションが分割されているのがわかる。

パーティションが分割されたSDカードは、Windowsのディスクの管理では直せないので、Windowsで使えるように戻したいならば、SDFormatterというツールを使う。

Sdf_2

SDFormatterでフォーマットする際に、論理サイズ調整をONにすると、すべてのパーティションがクリアされて、クリーンなSDカードに戻る。

 

|

« 小学生向けの電子工作マンガ | トップページ | 18bit Cosmo-Z拡張ボードのヒストグラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学生向けの電子工作マンガ | トップページ | 18bit Cosmo-Z拡張ボードのヒストグラム »