« Cosmo-ZのVivado Block Design | トップページ | 箱根に行ってきました。 »

2016.07.23

ひさびさにAD360を製造&出荷

特電にはAD360という製品があります。20ch、18bitのAD変換ボードという意味です。

Ad360_top

DC-DCモジュールが乗っているのは、±12Vを供給するため。最初のお客様は±12Vを基板外部から供給していたので、外付けになっている

超レアなこの製品ですが、最近なぜか2社のお客様からほぼ同時に注文がありましたので久々に製造しました。

信号がないときのAD変換結果、つまり無信号時のノイズは、

Ad360_noise_2Ad360_hist

でした。18bitのA/D変換結果が±3くらいの範囲に収まっているのですから、かなり良い結果です。

歪率は

Ad360_spec

と-90dBでした。入力を開放せずに50Ωで終端すると-110dBくらいまで下がります。この歪は発振器に由来するものと思われます。

全チャネルで歪率-90dB以下。ゲイン誤差100ppm以下。オフセット0.3mV以下という良い結果でした。1年以上ぶりに製造したのに、ちゃんと動いたので、ほっとしました。

Ad360_2Ad360_3

徹夜で計測していたら、もう5時近くになっていました。窓の外を見ると燃えるような赤い色になっていて、何事かと思ったら朝日でした。

Ad360_4

測定には時間がかかります。

|

« Cosmo-ZのVivado Block Design | トップページ | 箱根に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-ZのVivado Block Design | トップページ | 箱根に行ってきました。 »