« おれデバ第3話を更新 | トップページ | Cosmo-ZのVivado化デザインをはじめました »

2016.07.18

Cosmo-Zの開発にGitを導入

今更ですが、Cosmo-Zの開発にGitを導入しようとしています。

いままではXILINXのISEプロジェクトのフォルダ(200~300MBくらい)を、できれば毎日、そうでなくてもマイルストーンのたびに全部保存するようにしていたのですが、さすがに大変になってきました。

subversionを導入しようとしたのですが、RAIDのドライブをNFSでマウントするとうまくいかななったり、亀が嫌なので、ナウなヤングにバカウケのgitを使ってみることにしました。

Cosmo-Zの開発のブランチをこんな感じでまとめてみました。

Git_2

ブランチが目に見えて嬉しいのですが、結局、マージするところは手作業になるので、ちょっとげんなりです。

デザインを細かく細かく分けて、ファイルをいっぱい作るのがgitをうまく使うコツかなと思えてきました。

将来的には、特電のGitサーバを立ち上げて、お客様にCloneしてもらうようにしたいと思います。

このISE版のCosmo-ZのプロジェクトはGitでも管理するけど、しばらくは毎日のフォルダを全保存しておいて、df.exeで差分を見るという方法をまだまだ併用することになると思います。

|

« おれデバ第3話を更新 | トップページ | Cosmo-ZのVivado化デザインをはじめました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おれデバ第3話を更新 | トップページ | Cosmo-ZのVivado化デザインをはじめました »