« MPPCとプラスチックシンチレータで遊んでます(1) | トップページ | おれデバ第3話を更新 »

2016.07.12

MPPCとプラスチックシンチレータで遊んでます(2)

MPPCからの信号をCosmo-Zに入れてみました。

こんな感じで波形は取れています。

Mppc4

パルスの大きさが、ある大きさの整数倍になっているて、段々になっているのがわかります。

たまに大きなパルスが入ります。

Mppc_big

横軸にパルスの大きさ、縦軸に頻度を取ってヒストグラムを表示させてみると、こうなります。

Mppc4hour

これは4時間計測したときのヒストグラムです。

左の方がギザギザしていますが、フォトン1つ分の高さ(1p.e.)、フォトン2つ分の高さ(2p.e.)・・のところにピークができていて、7p.e.(255番くらいのところ)まで見えているためです。

255番より小さなものはダークカウントによるものなので、ディスクリで切ってしまうべきでしょう。2p.e.のところが1Gカウントくらいしています。

それより右側(255以上)になると、発生頻度は指数関数的に減少していきますが、最後に2040くらいの高さのところにもピークがあります。一番右のピークは、振り切れるほど大きな発光があったことを示しています。

しかし、プラシンとフォトマルで測ったときのようなピークはありませんでした。

50mm×50mm×10mmのシンチを使っているので、全エネルギーを落としておらず、しかも、発光が足りず、その上、うまく光をMPPCに導けていないのでしょう。

結論を言うと、煎餅くらいの大きさのプラスチックシンチレータの横にMPPCを貼り付けただけでは、入射した粒子のエネルギーは測れないということがわかりました。

|

« MPPCとプラスチックシンチレータで遊んでます(1) | トップページ | おれデバ第3話を更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MPPCとプラスチックシンチレータで遊んでます(1) | トップページ | おれデバ第3話を更新 »