« 光ガイド | トップページ | プラシンとMPPCの測定結果 »

2016.08.01

プラスチックシンチレータとMPCCのテスト治具

プラスチックシンチレータに光ガイドを付け、MPCCで測るための治具をアルバイトさんが作ってくれました。

まず、60mm×60mm×10mmのプラスチックシンチレータの上に、四角錐型のアクリル製光ガイドを付け、その先にMPPCアンプ基板を乗せます。

Mpcc1

光ガイドは様々な形状のものを試すので、高さは変えられるようにしています。

このアルミの箱を閉じて遮光します。コネクタ等から光が漏れてくるので気を付けます。

Mppc2

そして、箱全体をブラックシートで覆います。

Mppc3

そこに置いてある基板がCosmo-Zで、近くに置いてある試薬瓶は、塩化カリウムで、線源として使っています。

オシロで見た感じでは、光ガイドを付けたときも大きなパルスは観察されるけれども、劇的(例えば100p.e.とか1000p.e.とか)な改善はありませんでした。

|

« 光ガイド | トップページ | プラシンとMPPCの測定結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光ガイド | トップページ | プラシンとMPPCの測定結果 »