« Cosmo-ZのVivado化が完成 | トップページ | VivadoでGenericのパラメータを垂直伝搬させる方法 »

2016.09.16

Vivado版Cosmo-ZでMCA動作

Vivado版の新デザインのCosmo-Zで、MCAを長時間走らせてみた。

2台の「プラスチックシンチレータ&MPPC検出器」をつないでバックグラウンドを8時間測定。

Mcanewcosmoz

MPPCは温度にすごく敏感なので、設置場所に注意しないと(他の機器の排熱や空調で)結果に差がでてしまうが、今回はうまくいった。

2つのスペクトラムはぴったり重なる。

中央の少し盛り上がっている部分が40Kによるもの。それ以上はだいたい宇宙線と思われる。

|

« Cosmo-ZのVivado化が完成 | トップページ | VivadoでGenericのパラメータを垂直伝搬させる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cosmo-ZのVivado化が完成 | トップページ | VivadoでGenericのパラメータを垂直伝搬させる方法 »