« Vivado版Cosmo-ZでMCA動作 | トップページ | MPPCアレイの設計 »

2016.09.19

VivadoでGenericのパラメータを垂直伝搬させる方法

VHDLで書いたコードなら、Genericで指定したパラメータを、

INST_XXX : XXXX generic map (
  PARAM1 := PARAM1
);

とやれば上から下のモジュールへ伝えられるのですが、Vivado IPインテグレータではどうやるのでしょう?

Vivadoでは、VHDLのGenericの部分が自動的にGUI化されて、ユーザがカスタマイズできるようになるのですが、それを垂直伝搬させる方法がわかりません。

例えば、ADCのビット数や、ADCの数などです。

Vivado_param

ブロックデザインを階層化したときに、上のモジュールで指定したのが下のモジュールに自動的に設定されれば便利なのに。


|

« Vivado版Cosmo-ZでMCA動作 | トップページ | MPPCアレイの設計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vivado版Cosmo-ZでMCA動作 | トップページ | MPPCアレイの設計 »