« EZ-USB FX3とGPIO、SFP+の配線が引き終わった | トップページ | DDR3メモリの配線やりなおし »

2016.10.03

Kintex-7 PCI Express基板の設計ミス!!

ああ・・やってしまった。

十分に確認しないで進めてしまったばかりに、手痛いミスをしてしまいました。

まず、DDR3メモリの配線ですが、

K7_ddr3

ISE14.7のMIGにこのピン配置を入れてチェックしてみると・・

Bankerr

こんなエラーが出ました。XILINXのAnserRecord 43481です。

Kintex-7では、複数のI/Oバンクを利用する形でDDR3メモリコントローラを作るには、真ん中のバンクにアドレスとコントロールを配置しなければならないそうです。

この回路の配置は、

Ddr3_pinout

ああ、ダメじゃん。

UG586を読むと、

Bankrule

と書かれているので、これはこういうものなのでしょう。

DDR3メモリの設計やり直しです。。。

せめて、このミスが、同じような基板を設計する人の役に立てば幸いです。

それから、10Gbpsの光モジュール、QSFPを買いました。

Qsfp10gb

ゴーヤのような放熱器が付いていてゴツゴツしているのですが、なんと、SFPよりも若干長いようで、現在の基板に納まらないことがわかりました。

Qsfp_board

横幅をあと15mmほど延ばさないと乗りません。

このままSFP版で作るか、それともQSFP版も一緒に作るか悩みます。QSFPを使うなら、135mm×90mmくらいのボードになりそうです。

ちょっと大きくなってしまいますが、ロープロファイルには収まりそうです。

|

« EZ-USB FX3とGPIO、SFP+の配線が引き終わった | トップページ | DDR3メモリの配線やりなおし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EZ-USB FX3とGPIO、SFP+の配線が引き終わった | トップページ | DDR3メモリの配線やりなおし »