« Kintex-7のPCI Expressリンク幅と速度 | トップページ | 展示会に向けて着々と準備が進んでいます »

2016.11.12

ET2016に向けて、着々と準備

真夜中に会社に来て、ET2016の準備を進めています。

まずは、Cosmo-Zを内蔵したRaspBerry Piの組み立て。

アクリル屋さんに加工をお願いしていたパネルに組み込みます。

Csz_raspi_top

こんな感じ。RasPiとCosmo-ZがPoEで動きます。

Csz_raspi_bot

FPGA化された波形モニタとMCAが電池でも動くので、フィールドで放射線測定をする場合や、ビームラインに降りて機器のテストを行ったりするときに便利ではないかと思います。

sun

それから、NaIのシンチレータを使って、Cosmo-Zで初めて計測してみました。

下の写真の金色の筒にNaIが入っています。

NaiNai_keisoku

おおっ、ちゃんと出ている!実はNaIの波形をCosmo-Zで見たのは初めてです。今までは電源の問題でノイズが多くて測れなかったのですが、アルバイト君がノイズの少ない電源箱を作ってくれたおかげで計測できるようになりました。

カリウムの試薬を置いてみると、

Csz_nai_caNai_ca


おおぅ。ピークがにゅっと出て有意な差がでました。

sun

しかし、MPPC箱については失敗が続いています。箱の中が立体的にかみ合うので難しいのですが、MPPCプローブ基板(下の写真の黒い基板)のダイオードのAとKが逆になっていました。

Mppcbox

これはもう、この基板を使わずにやるしかないですね。

ETまであと4日あるので、まだ何とかなる!

朝が来たので帰ります。

|

« Kintex-7のPCI Expressリンク幅と速度 | トップページ | 展示会に向けて着々と準備が進んでいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Kintex-7のPCI Expressリンク幅と速度 | トップページ | 展示会に向けて着々と準備が進んでいます »