« MPPCアンプの出図 | トップページ | 特電SATAコアが7シリーズで初めてリンクアップ »

2016.11.03

マリーアントワネット展

電車の広告で見て、マリーアントワネット展に行ってみた。

六本木ヒルズである。

入口で30分待ちと案内が出ていたが、実際には入場するまでに、1時間半くらいかかったと思う。この美術館は客が増えた場合を考慮した作りになっていない。エレベータの輸送量が全く足りていないのだ。

ようやく美術館に入ると、中は大混雑で絵画をゆっくり見ている余裕など全くない。

この絵画はレプリカ?本物?手で触れるような距離に展示してある絵画が本物ってことはないよね!?

ところどころガラスのケースに入って展示されているものや、警備員が立っているものが本物なんだろうか?

最後の時計のところが非常に警備が厳重だったけど、この時計がすごいらしい。11月2日から2日間の展示ということで、見られたのは幸運だったといえよう。

平日に行けばゆっくりと楽しめたかもしれない。

sun

美術館を出ると廊下が展望室のようになっているが、六本木ヒルズは風水的に悪いと思った。周囲が全部囲まれていて、明堂といわれる空間がない。ものすごい圧迫感というか窒息感がある。

なんだかいろいろわかった気がした。

|

« MPPCアンプの出図 | トップページ | 特電SATAコアが7シリーズで初めてリンクアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MPPCアンプの出図 | トップページ | 特電SATAコアが7シリーズで初めてリンクアップ »