« AD7960を使ったADCシステムのS/N改善 | トップページ | MITOUJTAG Lightの出荷を開始します »

2016.12.25

MITOUJTAGの波形エクスポート機能

MITOUJTAG Lightに搭載の「波形エクスポート機能」について説明します。

この機能はJTAGロジックアナライザでキャプチャ波形を、CSVやVCD形式で出力するものです。今までもVCD形式(Value Changed Dump)で出力することはできたのですが、VCDのビューワーで良いものがなかったので、CSVで出力する機能を新たに作りました。

実際のやり方を説明します。

まず、適当なFPGAボードを接続します。ここではZynqBerryを例に説明します。

Zb1

FPGAの端子が可視化できたら、ロジアナ画面を開いて、少し波形をキャプチャしてみます。

Zb2

はい。DDR3メモリの波形が見えました。なんだか激しく動いています。

ここで、保存ボタンの横の▼を押すと、「ファイルをエクスポートします」というのがあるので、このエクスポートを選びます。

Zb3

すると、ファイルを保存するダイアログが出るので、適当なファイル名を付けて保存します。

sun

保存したファイルはユーザ・データ・フォルダの下のMITOUJTAGフォルダにあります。ユーザ・データ・フォルダとは、Windows7や8ではマイドキュメントなのですが、今後のWindowsではマイドキュメントがどこに移動させられるかわかりません。

そこで、ファイルメニューの「ユーザ・データ・フォルダを開く」を選択すると、一発で保存したフォルダが開くようにしました。

Zb4

ここにaaa.csvというファイルが保存されていますね。

Zb5

これをExcelで開いて見てみましょう。

このように、時間情報(一番左の列)と、値のデータがベタな数字で入っています。

Zb6

これをグラフ化して、一部分だけ見てみると、

Zb7

このように、ロジアナで取った波形を、すぐにExcelでグラフ化することができます。

sun

この機能が真価を発揮するのは、アナログ的なデータを見る場合です。ADCの値でもいいですし、FPGAが内部で計算している数値計算の途中経過でも良いです。ロジアナの画面で波形が見れれば同じようにエクスポートできます。

下の波形は、18bit ADCでキャプチャしたデータです。

Adc1

このデータを見るためのFPGAのアプリケーションはまだ作っていないので、ロジアナで数字として確認するより他ありません。システムの開発中では、アプリケーションソフトを作りこむ前に、FPGAの中の数字をグラフ化したいということは良くあります。

そこで、CSVでエクスポートして、エクセルに取り込んでみました。

Adc2

この表形式のデータを範囲選択し、挿入→グラフとやると・・

このとおり、ADC値の時間変化を一瞬でグラフにすることができました。

Adc3

波形がカクカクしているのは、ロジックは250MHzで動いていて、ADCの波形は5MHzでやってくるため、50回に1回しか変化しないためです。

sun

FPGAの開発において、アプリを作らずにアナログ的に波形を見る、という新たなRapid Development(迅速開発)ができようになるでしょう。

面倒な手間を避け、できるだけ楽して開発する。それを可能にするのがMITOUJTAGです。

|

« AD7960を使ったADCシステムのS/N改善 | トップページ | MITOUJTAG Lightの出荷を開始します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AD7960を使ったADCシステムのS/N改善 | トップページ | MITOUJTAG Lightの出荷を開始します »