« MITOUJTAGの波形エクスポート機能 | トップページ | 基板年賀状が出来てきた »

2016.12.26

MITOUJTAG Lightの出荷を開始します

本日から冬限定バージョンのMITOUJTAG Light 3.1の出荷を開始しました!!

Mjl_shukka

内容物は、CD-ROM、Pocket JTAG Cable、USBケーブル、おれデバ小冊子、カタログ、アンケートなどです。

Bannerl31

今回の主なバージョンアップ点は、

  • ロジアナ波形のエクスポート
  • 基板検査機能の搭載(使用期限あり)
  • BLOGANA/BLOGANA2機能の搭載(使用期限あり)
  • 様々なバグの修正

などです。それ以外は、最新のMITOUJTAG BASIC/Pro 3.0に準じます。

様々なバグというのは、例えば、ロジアナ波形の画面で「ファイルに名前を付けて保存」のメニューが有効にならなくて、名前を付けて保存ができなかった・・・などです。

sun

さて、MITOUJTAGはもともとDigilentのUSB JTAGケーブルにも対応していますが、TrenzElectronic社の各種ZYNQボードは、Digilentのライセンスを受けたUSB-JTAGが搭載されているので、MITOUJTAGからバウンダリスキャンや書き込みができます。

具体的なやり方を説明します。

まずXILINXのISEに付属のラボツールを入れておきます。そして、メインメニューの「オプション」から、XILINX Cable Serverの設定を選びます。

Dgcab1

下の図のようなダイアログが開くので、下の図のように設定します。

Dgcab2

ISEまたはラボツールのバージョンが14.7である場合でも、CSEサーバのバージョンは14.5にしてください。また、ケーブルタイプにdigilent_pluginを選んでください。

Dgcab3

すると、裏でCSEサーバというプログラムが起動して、MITOUJTAGからDigilentケーブルが認識されます。アイコンは便宜上、XILINXケーブルとして表示されています。

Dgcab4

自動認識すれば、ZYNQなどのFPGAが検出されます。

Dgcab5

Digilent USB経由でJTAGが使えるようになり、端子を見たり、波形を見たり、書き込んだりできるようになります。FPGAはもう煮るなり焼くなり好きにしろという状態です。

Dgcab6


sun

このようなことができる便利なツール、MITOUJTAG Lightは、期間限定で49800円で発売しています。FPGAの開発をする人なら、絶対に持っておきたいツールです。

ご注文は、オンラインショップで承っております。

MITOUJTAG Lightの詳細はMITOUJTAG Light 3.1のページをご覧下さい。

期間限定かつ台数限定で、在庫がなくなり次第終了ですが、もう、予定数の半分くらいが売れています。ご興味をお持ちの方はお早目にsign03

|

« MITOUJTAGの波形エクスポート機能 | トップページ | 基板年賀状が出来てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGの波形エクスポート機能 | トップページ | 基板年賀状が出来てきた »