« MITOUJTAG Lightの販売が間もなく終了となります | トップページ | JESD204Bのはじめてのデータ受信 »

2017.01.11

JESD204B 1G ADCの動作確認

昨年から開発を続けているJESD204B対応の1Gs/s ADC「HyperFADC」ですが、高速シリアルのデータをデコードしようと頑張っています。使用しているADCのADS54J60にはSYNCという端子があるのですが、これをLにすると、1BC 1BC 1BC 1BC、つまりK28.5のCOMが送られてきます。

Cosmokp_jesd204_adc_2lane_5gbps

SYNCをHにすると、K28.5ではなく、D0.0に変わったかと思ったのですが・・

Cosmokp_jesd204_adc_2lane_5gbps_3

rxnotintableという信号が立ちあがっているので、D0.0が送られてきているわけでもなさそうです。

いまいち使い方がよくわかりません。


|

« MITOUJTAG Lightの販売が間もなく終了となります | トップページ | JESD204Bのはじめてのデータ受信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MITOUJTAG Lightの販売が間もなく終了となります | トップページ | JESD204Bのはじめてのデータ受信 »