« 応用物理学会2日目 | トップページ | Kintex-7のマルチビデオボードが出来ました! »

2017.03.20

物理学会の付設展示会に出展しました

17日~20日に、大阪大学で行われた日本物理学会の付設展示会に出展しました。

Butsuri3

プラスチックシンチレータとMPPCを16個並べた放射線センサから16本の同軸ケーブルを引っ張り出して、それをCosmo-Zに入れて、MPPCの波形をリアルタイムに表示するというデモを行っていました。

・・・

しかし、いくら待っていても、なかなかお客さんは来ません。

展示会場の場所も相当悪かったのですが、12時から14時くらいの間に数人来る程度で、1日あたり6人くれば上出来です。

そんな閑散とした展示会で大丈夫なのかと思うかもしれませんが、

一人ひとりのお客様のエネルギーがとても高い。

そういう展示会なので、出ないわけにはいきません。次回(宇都宮大学)もきっと出ることになるでしょう。

で、ほとんどの時間は無為に過ごすわけなので、私もアルバイトの学生さんも、いろいろな人の講演(発表)を聴きに行っていました。

Cosmo-Zを使った研究の発表や、Cosmo-Kを使った研究の発表もあった、何かの研究の役に立っていることが嬉しくなりました。

Butsuri2Butsuri1

いろいろな発表の中で、「電子回路を作って計測してます」みたいなのを好んで聴いてきました。アルバイトさんは量子コンピュータとか量子エレクトロニクスに興味を持ったようです。

|

« 応用物理学会2日目 | トップページ | Kintex-7のマルチビデオボードが出来ました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 応用物理学会2日目 | トップページ | Kintex-7のマルチビデオボードが出来ました! »