« FPGAにおける浮動小数点の計算速度 | トップページ | FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 »

2017.03.08

応用物理学会と日本物理学会の付設展示会に出展します

さて、来る3月14日から横浜で応用物理学会が、 3月17日からは大阪で日本物理学会が開催されます。

応用物理学会はみんなスーツを着ているけど、 日本物理学会はスーツを着ている人はいない、 などと言われていますが、本当ですね。

スーツを着ているのは業者だけです。

さて、これら2つの学会には展示会が付設されていて、 様々な実験機器や装置などを業者が展示しています。 特殊電子回路も、 「FPGAとADCを活用した高速DAQシステム」 ということで出展します。

今年は、

  • 高速マルチチャネルADCボード「Cosmo-Z」
  • 超高速1Gs/sのADCボード「HyperFADC」
  • 光ファイバ搭載PCI Expressボード「Cosmo-K」

を展示します。

Panel1442469265_exhibition1

展示内容についての詳細はこちらをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/jps2017.html

◆開催概要

●第64回応用物理学会

日時 3月14日(水)~17日(土) ※17日は内藤はいません
時間 9:30~18:00
会場 パシフィコ横浜
ブース位置 Ae-2

●日本物理学会 第72回年次大会

日時 3月17日(土)~20日(月) ※20日は内藤はいません
時間 9:00~17:00
会場  大阪大学 豊中キャンパス 
ブース位置 B棟2階

なお、17日は2つの展示会が重なっていますので、17日は大阪でのみ出展する予定です。
20日は内藤は、会場にはいない予定です。

これらの製品は、放射線計測や核物理・素粒子物理実験などにお使いいただける、 高性能なFPGAボードとAD変換ボードです。

特殊電子回路は、皆様のご研究の内容を正しく理解し、 ニーズに合った高速・高性能かつ、最適なデータ計測取集装置を低予算でご提案させていただきます。

ぜひ、当日会場で、ご研究のお話をお聞かせいただけることを楽しみにしております。

◆ご来場の日時をぜひ、お知らせください

当社代表の内藤はできるだけ展示会場におりますが、 7日間の長丁場のため、あいにく席を外してしまっているかもしれませんし、 他の来客の接客中かもしれません。もしお越しいただけるのであれば、 下記のページのフォームから、おおよそのご来訪日時を予めお知らせいただければ幸いです。

ご予約をいただいたお時間に、貴殿をおもてなしし、 じっくりとお話をお伺いできるようにいたします。

http://www.tokudenkairo.co.jp/jps2017.html

どうぞよろしくお願いします。

|

« FPGAにおける浮動小数点の計算速度 | トップページ | FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FPGAにおける浮動小数点の計算速度 | トップページ | FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 »