« FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 | トップページ | MPPCアレイの修理 »

2017.03.10

超特急のところに基板を出図しました

今年度中に納めなければならない案件があるので、超特急で基板を作ってくれるところを探しました。

作る基板は、こういうもの。

18bit 8ch 5MHzのA/Dコンバータ基板と、マルチDVI/CSI 画像入出力ボードです。

Np1104_np1084

いままでP社に頼んでいたのですが、金フラッシュとか細いパターンとかがあるため、ウルトラクイックにしても9日くらいかかり、値段も20万円くらいかかります。

そこで、ネットで「超特急」というキーワードを付けて探してみると、いろいろと短納期の基板屋さんが見つかりました。

6層基板で、このサイズで、6枚。金フラッシュ仕上げで実働2日。日本製で、来週の月曜日に発送してくれるところを見つけました。しかも価格はP社より安い。

これはもう、頼むしかないでしょ。

超特急だけではなく、日常の基板製造もお願いしたいくらいです。

|

« FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 | トップページ | MPPCアレイの修理 »

コメント

実働2日はすごいですね!しかもMade in Japan!
海外で作ると輸送だけで1日かかるというのに。

ちなみになんという会社でしょうか。

投稿: メーカーズ | 2017.03.16 15:21

特急とか超特急で検索すると出てきますよ

投稿: なひたふ | 2017.03.22 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FPGAでCSI(カメラ)インタフェースを使う方法 | トップページ | MPPCアレイの修理 »