« RasPiカメラ V2.1のI2C操作方法 | トップページ

2017.04.20

RasPiカメラをFPGAにつないで、初めて信号が出た

今日もRasPiカメラをFPGAにつなぐための調査をしています。

Csk_csi

GPIO1と0を立ち上げた後、レジスタ設定を行い、最後に4msほど待ってからスタンバイを解除したら動きました。

レジスタ設定の中で0x6620~6623と、0x45xx番地や0x47xx番地のデータシートに載っていないレジスタについては、設定してもしなくても変化はないようです。

今の設定では1920×1080の30fpsにしたつもりなのですが、クロックは361MHz、

Clk

データレートも361MHzのDDRでした。

Data_1

また、データは団子になってやってきていて、

Data_2

1つの塊の周期は14us。最初はスキマがありますが、後はだいたい詰まっていて、13.48ms送った後、長い休みになります。

Data_4

繰り返しの周波数は32Hzでした。

まとめると、

  • クロック周波数361MHz
  • 1H=14us? ・・・2000~2527pixel ?
  • 1V=962H?

という結果でした。

設定したレジスタの値なども、何を参考にしたかさえよくわからなくなってきているので、次は高速差動信号のデコードに取り組もうと思います。

|

« RasPiカメラ V2.1のI2C操作方法 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RasPiカメラ V2.1のI2C操作方法 | トップページ