« 自社のベンダIDでXDMAに成功 | トップページ | 18bit ADCボードのノイズはどこからくるのか »

2017.05.22

1GADCボードの設計

Cosmo-Zの拡張用に、1Gs/sのADCボードを作っています

Np1094_1

ADCは、ADS54J60。TI社の16bit 2ch 1Gs/sのものです。

3時間ほどでここまで完成。

Np1094_2

あとは電源の配線かな。

今回はコストと電力と面積を抑えるためにArtixを選択したのですが、やはりKintexにしておけばよかったと後悔しています。

なぜなら、

  • Kintex-7だと、パスコン内蔵なので、FPGA裏のパスコンがほとんどいらない。
  • Kintex-7だとGTXが10Gbpsまで対応しているので4レーンで引ける。全チャネルのデータがJTAGロジアナで同時に見られる
  • Artix-7だと最大5Gbpsなので、2個使うことになる。これはこれで面倒。

ただ、Kintex-7は小さなパッケージのものがないので、狭いところに乗せるには不利かなと思います。

|

« 自社のベンダIDでXDMAに成功 | トップページ | 18bit ADCボードのノイズはどこからくるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自社のベンダIDでXDMAに成功 | トップページ | 18bit ADCボードのノイズはどこからくるのか »