« ADS54J60を交換してみたけれど | トップページ | TexasInstrumentsのオンラインショップでADCを買う »

2017.06.14

ハードウェアフーリエ変換器の納品

FPGAを使ったハードウェアフーリエ変換器を納めに行ってきました。

Hwfft

Cosmo-Zの下に、18bit 8ch 5MHzのADCを搭載しています。

ZYNQのPL部分に2ch分のハードウェアFFT回路が搭載されていて、65536ポイントのFFTを毎秒150回程度で切れ目なく連続して行うことができます。

ただ、整数演算での16bit精度での演算なので、計算誤差が目立ちます。

次回は浮動小数点にしたいという要望をいただきました。

|

« ADS54J60を交換してみたけれど | トップページ | TexasInstrumentsのオンラインショップでADCを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ADS54J60を交換してみたけれど | トップページ | TexasInstrumentsのオンラインショップでADCを買う »