« Windows10におけるXDMAコア割り込みの発生方法 | トップページ | WindowsのDMAとMapRegister »

2017.08.08

特電の商品発送箱が変わります!

本日以降、特殊電子回路の商品発送に使用していた箱が変わります。

Beforeafter

いままで特電のSpartan-6やArtix-7の箱は上の写真の左側にあるような、白をベースとした箱に緑色のキラキラ印刷を施した箱で送っていました。箱の中には基板を納めるくぼみや、二階建ての引出があって、CD-ROMや付属品を入れるようになっていました。

しかし、この箱は組み立てるのが非常に大変で、引出の開け閉めもスムーズではなかったので、リニューアルしたいな・・とずっと思ってきました。

また、MITOUJTAGの梱包は、

Konpou8

のように白いダンボールにケーブルやCD-ROMなどを詰めて送っていましたが、これも、シンプルすぎて高級感がない。

実は、白い箱で送っているということで、何となく恥ずかしさを感じていました。

そこで、6つの面をフルカラーで印刷した新しい箱を作ることにしました。

Newbox1

どうですか?今までの特電ではないみたいでしょう。

側面にはバーコードが貼りつきます。

Newbox2

箱の中は硬質のスポンジで作った仕切りの中に、基板や付属品を納めることができるようになっています。

Newbox3

MITOUJTAGに関してもCD-ROMのケースと、Pocket JTAG Cableが気持ちよく納まるようにスポンジが加工されています。

Newbox4

これなら秋葉原の店頭に並んでいても恥ずかしくありませんね。

sun

さて、このデザイン箱ですが、佐川急便の伝票や「取り扱い注意」シール、それから納品書封筒などを貼り付けてしまうとせっかくのデザインが隠れてしまいます。

そこで、発送用にもう1段外側に白い無地のダンボールでくるむことにしました。

Newbox5

そして、外側の箱に佐川急便の伝票やシールを貼りつけて、出荷です!

Newbox6

現在、

  • Cosmo-Z
  • Cosmo-K
  • MITOUJTAG BASIC/Pro
  • Spartan-6/Artix-7

が新しい箱での出荷となる対象です。

8月8日の出荷分より新しい箱でお届けします。

|

« Windows10におけるXDMAコア割り込みの発生方法 | トップページ | WindowsのDMAとMapRegister »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows10におけるXDMAコア割り込みの発生方法 | トップページ | WindowsのDMAとMapRegister »