« 祝!MITOUJTAG BASIC出荷1000台 | トップページ | JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る »

2017.08.30

Windows10でWindows7用のデバイスドライバを開発する

先日書いたWindows10時代のデバイスドライバ開発とデバッグの記事にしたがって作ったデバイスドライバは、Windows7や8で動かないようです。

おそらく、最新のWDKを入れているので、Windows8用のライブラリなどがないためでしょう。

試しに、VisualStudioのプロジェクトのプロパティでプラットフォームに8.1を選択してみたものの、wdm.hがないとか、いろいろなエラーが出ます。

やはり8.1対応のSDKやWDKをいれないといけないようです。

Win7_driver_dev1

そこで、昔のマシンを使ってWindows7時代のWDKを使ってビルドしてみました。同じソースなのですが、なぜかCではなくCPPにしないとうまくコンパイルできないとか困ったことはありましたが、とりあえずビルドはできて、署名を施したらWindows8のマシンにインストールできました。

Drv_win7_2_2Drv_win7_3

Windows10マシンでDMAの速度を測ってみると、Windows7用に作った速度は1600MB/s程度。

Drv_win7

WDK10でWindows10用に作ったドライバも速度も1600MB/st程度で、全く差はありませんでした。

Drv_win10

|

« 祝!MITOUJTAG BASIC出荷1000台 | トップページ | JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝!MITOUJTAG BASIC出荷1000台 | トップページ | JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る »